ロゴマークについて

JAPAN COACHES ASSOCIATION

シンボルは馬車

「コーチ」という言葉の語源は、15世紀に馬車の製造を始めたハンガリーの町「コチ」。
ここで造られた馬車が乗り心地に優れていたため、コチ=馬車を意味するように。
その後、馬車が物や人を目的地へ運ぶことから、「コーチ」という単語は「選手を目標へと導く」スポーツ指導者を指す言葉へと 転じていった。
ジャパンコーチズアソシエーションは「アスリートを乗せ、日本のスポーツを世界基準へと進化させる」ための象徴として、馬車をモ チーフとしたこのロゴマークを使用する。

メインカラーは「紅色」

「われわれは日本の指導者である」という意識を持ち、わが国におけるスポーツの社会的価値を創造するべく、日本の象徴である日の丸の紅色をジャパンコーチズアソシエーションのメインカラーとする。